関連商品の検索・購入、Amazonアソシエイト用画像リンク作成ができます。

すべて 書籍 DVD CD MP3 ホーム&キッチン ヘルス&ビューティ
エレクトロニクス ソフトウェア ゲーム おもちゃ&ホビー コスメ フード&ドリンク
スポーツ 時計 ベビー&マタニティ アパレル&シューズ 楽器 パソコン・周辺機器
クラシック 洋書 ビデオ Kindleストア

商品の情報

アパシー 学校であった怖い話1995

アパシー 学校であった怖い話1995

飯島多紀哉
芳ゐ

アマゾン価格: -
定価: オープン
アマゾン売上ランキング: -- 位
Collections / 在庫-.
Amazonで詳細を見る
[Amazon.co.jpによるレビュー]
第1巻の内容紹介: 「なあ、今度は学校の七不思議の特集をやろうぜ」
部長の一言で決まった、校内新聞の特集記事。その担当を担ったのは、まだ高校一年生の新入部員、坂上修一だった。
約束の日、部室にはとっておきの怖い話をしてくれる七人が集められた。坂上は、そんな彼らの話を聞いて、記事にしなければならない。
怖い話が苦手な彼は、気が乗らないながらも重い足取りで部室へと赴く。
ドアを開けると、集められた語り部たちが待っていた。
一人、二人、三人…六人しかいない。確か、七人集まるという話だったが。
自己紹介を済ませ、最後の一人を待つことにする。しかし、待てど暮らせど七人目は来ない。
最後の一人不在のまま、七不思議の集会が幕を開けた。


スーパーファミコンで人気を博し、その後も数多くのファンの支持を得て二十年以上を経た今もなお『アパシー 学校であった怖い話』シリーズや、小学生版『学校であった怖い話』(小学館刊)として新作が発表され続けている『学校であった怖い話』。これは、約二十年前にアスキー出版から発売された、原作者自らの手による小説版『学校であった怖い話』です。
今なお色あせることのないストーリー、語り部たち{

アパシー 学校であった怖い話1995