関連商品の検索・購入、Amazonアソシエイト用画像リンク作成ができます。

すべて 書籍 DVD CD MP3 ホーム&キッチン ヘルス&ビューティ
エレクトロニクス ソフトウェア ゲーム おもちゃ&ホビー コスメ フード&ドリンク
スポーツ 時計 ベビー&マタニティ アパレル&シューズ 楽器 パソコン・周辺機器
クラシック 洋書 ビデオ Kindleストア

商品の情報

ライフゲイムの宇宙

ライフゲイムの宇宙

ウィリアム・パウンドストーン, William Poundstone
有澤 誠
日本評論社(2003-06-12)

アマゾン価格: 3,996
 →マーケットプレイス価格: 2,797 円 より
定価: オープン
アマゾン売上ランキング: 443185位
単行本 / 在庫あり。
Amazonで詳細を見る
[Amazon.co.jpによるレビュー]
   我々がモノを数えるときに使う数、この自然数を定義するにはどうするか? 自然数のリストを作る? それは不可能に近い。自然数は次のように定義される。「i.1は自然数である」「ii.自然数に1を加えたものは自然数である」「iii. i.とii.によって定義されるもののみが自然数である」 これにより自然数1から自然数2がつくられ、2から3と順繰りに無限個の自然数が定義される。このように矛盾なき循環的な定義は再帰的な(recursive)定義とよばれる。この再帰的な定義は強力で、有限の規則から無限の空間を生成することができる。

   原著タイトルの『The recursive universe』が示すとおり、本書では再帰的な定義から生成される空間を通し生命、情報、熱力学、自己組織化などを考える。本書で扱われる再帰的な定義はライフゲイムと呼ばれ、直観的には碁盤上での碁石の並べ替えで定義される。ある碁石の近傍に一定以上の碁石があればなにもせず、一定以上の碁石がなければその碁石を取り去る、ただこれだけである.しかし、この単純な定義から驚くほど多様な空間が生成されるのである。

   ライフゲイムは1970年のサイエンティフィックアメリカン誌上で紹介されるや大流行し、タイム誌(1974年)が「ライフゲイムの大群が数百万ドルの貴重な計算機資源を浪費している」と苦言を呈するほどであった。ライフゲイムに関する日本語の成書は極めて少なく、本書も品切れが続いていたのだがこのたび待望の新装版が出版された。本書が書かれた1985年(日本語版1990年)のあと、計算機は飛躍的に高速大容量化し、人工生命がブームとなりヒトゲノムが決定された。改めて読み直してみると内容は隔世の感がぬぐえない。新装版は内容についてはまったく手直しがされておらず、フェルマーの定理が未だに未解決の問題となっていたりする。もう少し内容も「新装」しても良かったのではあるまいか。

   それでも、やはりライフゲイムは面白い。インターネットを探せばCGIやプログラムが見つかるし、自分でプログラムを書いてもよい。本書を片手にライフゲイムの宇宙を探索されてみてはいかがだろうか?(別役 匝)

[関連商品]
セルオートマトン
セルオートマトン法―複雑系の自己組織化と超並列処理
岩波データサイエンス Vol.6
複雑系入門―知のフロンティアへの冒険
一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する
StanとRでベイズ統計モデリング (Wonderful R)
Excelで学ぶセルオートマトン
新 Excelコンピュータシミュレーション -数学モデルを作って楽しく学ぼう-
人工生命入門―ライフゲームから人工細菌まで 夢の最先端分野がわかる! (I・O BOOKS)
ストロガッツ 非線形ダイナミクスとカオス
[ページの商品と関連商品まとめてリンク作成]

ライフゲイムの宇宙